19年間

浜崎あゆみとして歌手になり、19年がたちます。

1998年4月8日。

私が小学校5年生のころだね。あのときからずーーーーっと浜崎あゆみとして歌い続けてるあゆが好きです。

 
f:id:hanahana917:20170408133705j:image

小6「Boys &Girls」でカリスマだ!!!可愛い!!!と思い、

中学時代はあまり興味がなくて、

高校3年にまた戻ってきて、そこからライブにもたくさん足を運んだし

あゆの外見じゃなく、内面や言葉にすごく勇気づけられました。

色々言われてる人だけど、その歌と歌詞にすごく支えられています。

なかなかずーーーっと支えてくれる歌手って珍しいです。ありがとね。

 

「繰り返していく毎日に物足りなさを感じながら 不自然な時代のせいだよと

先回りして諦めていた」 2000年に出たSEASONSのこの絶妙なフレーズは凄く心に響くし、「どう見られているかなんて重要じゃないの 必要なのはどうありたいか」のフレーズは今でも私の支えになってる。

 
f:id:hanahana917:20170408133734j:image

あゆの言葉で、

「一般的な愛され像に徹して、素の部分を全く見せずに夢の状態を続けていくか、

ありのままの自分でいて、違うものは違うというか、その2択だとしたら私は後者を選びたい。まんべんなく愛されるよりも、失敗も含めて飾らない自分でいたいから。」

 

これってすごく難しいことだけど、すごくそうだなあ~!!!!!って頷くしあゆらしいというか、かっこいいですよね。こんな人。

 

「誤解を恐れていたらこんな仕事できないし、なんとなくうやむやにしてうまい言い逃れできる人間になるくらいなら、誤解されてもかまわないから正直でありたい」

 

こういう所が良くも悪くも本当にあゆらしいなって思うし、変わらない部分だなって思います。

 

「私をね、嫌いな人がいることはわかってる。だけどね、好かれるために嘘の自分を演じたくないの。たくさんの人がいる中で私の本当の姿、もちろん人間の黒い部分も見て好きでいてくれる人がたった一人でもいればそれでいい。その人はきっと私と本当に向きってくれてるから。」

 

他にもたくさんありますが、浜崎あゆみってこういう人。

ごまかしたりしない人、、、ごまかしてる??って思う部分もあるけど(笑)、

わが道を行く人だよね。

ごまかさない人って好きだな。

そして、この浜崎あゆみ哲学にすごく影響されている部分もある。

もちろんう~ん、、、と思う部分はあるけど、この価値観はすごくかっこいいしロックだなと思う。

 

これからも無理せずお仕事してください。