あゆの「ぐさり」と刺さるメッセージ①

19年目なので、あゆの「ぐさり」と刺さる歌詞=メッセージを少しの思い出とともに載せていきます。アルバム付きです。

 

~小学生の時~

あゆ全盛期の頃でした。このあたりのアルバムだな。名曲が多いです、初期って。

A Song for ××

A Song for ××

 

 このアルバムを見たとき、「千秋??」と初めに思いました。(なぜ?)

忘れもしない、ビブレでこのポスター?か何かを見た印象が強いです。

すっごくよくて、小学生のころもよく聞いてたし、大学生のときもよくはまってました。poker faceのことを「ぱわーふぇち」って小学生の私は読んでました笑

 

周りの雑音にはもう聞き飽きたからわかってくれる人はただ一人でいい(SIGNAL)

この歌詞がすごく共感したかな。大学生の時だけど。笑

あゆの歌詞ってこういう歌詞がよく出てくる「たった一人だけわたしをわかってくれればいい」みたいなね。 それが私も大学の時からずっとあったかな、と思う。よく考えてみると「依存」なんだけどね。^^;

 

LOVEppears

LOVEppears

 

 このアルバムはもう今やない地元のCD屋さんで小学生の時ねだって買ってもらったアルバムです。白あゆ黒あゆの時期。リミックスもよいし、何よりすっと入ってきて捨て曲がない!どれもバランスよくいい曲です。今でも一番好きなアルバムかもしれない。なんか偏りがないっていうか。1つじゃ選べないので3つだけ!

 

人は哀しいもの人は哀しいものなの?人はうれしいものだってそれでも思ってていいよね End roll

大好きな曲でつらいんですが、このフレーズがあゆらしくて、すごく好きです。

 孤独で何も見えなくなったんじゃない もう何も見たくなかったんだ immature

 これは大学1年のときにすごく感じたし、今もよく思ってること。

なりたかったものそれは君といる私 欲しがってたものそれは君の本当に笑った顔   monocrome

monocromeはメロディもすごくいい!この曲に共感したのは高校3年生の夏だったなあ。付き合っててもこっちだけが好きなだけの恋愛は苦しかったです。笑

 

中学生

あゆから離れているときです。といいつつなんやかんやでアルバム中古で買ったりしてたんですw

Duty

Duty

 

 

これはもう衝撃、、、。とにかく重い。暗い。(ミスチルだったら深海みたいな)だけど私はこういうの大好き(笑) 確か中1の秋、大阪駅のCD屋さんでこれが目に入った瞬間すごいなこのヒョウ柄!って衝撃だった。あゆの全盛期ですね。引退を考えていたころのあゆで、Duty=義務ってことなんだけど、このアルバムを作ること自体が義務という意味でDutyにしたみたいです。

 

今日がとても悲しくて明日もし泣いていてもそんな日もあったねと笑える日が来るだろう (SEASONS)

やっぱりこの歌詞かな。SEASONSは私の中で不変。中1の6月にクラスでいきなり楽しかったのに無視されて、そんな絶望の気持ちのなか、あゆがこの曲をMステで歌っていて、12歳の私ははじめてあゆの歌詞に「はっときた」「救われた」かもしれない。今でもすごく覚えてる。あの時、この言葉があるからやってこれたのかもしれないし、節目節目につらいことがあってもこの歌詞を見るとすごく救われるんですよね。SEASONSに出会えてよかった。間違いなく名曲です。

 

 

I am …

I am …

 

 

中2の春休みくらいに買った記憶。そのときは適当に??買ったけど、割といい曲が多いです。

現実は裏切るもので判断さえ誤るからねそこにある価値はその目でちゃんと見極めていてね自分のものさしで (evolution)

かなり売れた名曲ですが、去年あたりからやっとこの曲の良さに気づきましたw

このフレーズ、すごく深い!!!!

 

高校生

高2の時からちょこちょこ聞いてたりはしたんですが、、、深く好きになったのは高校3年生の春。

 

MY STORY (DVD付)

MY STORY (DVD付)

 

 このアルバム、評判もすごくいいけど、私の中でもこのアルバムが「あゆ」にドはまりしたきっかけのアルバムです。友達がその時貸してくれて、何度も何度も聴きました。

私の唇が一つ嘘をついた それは些細な理由からで誰のためでもなく他愚かな自分を守るためだったんだろう 気が付いたころには数え切れぬ嘘に囲まれて動けなくなってたなすすべもなく

そんな夢の途中現実から逃げた あらゆる痛みからも逃げた いまはこんなだけどいつか理想通りの自分になるのだからと 言い訳した後でいい加減目覚めたできることは今を生き抜くことだけだった(walking proud)

この曲、この歌詞に衝撃や共感を受けて、あゆを深く聞くようになりました。

学生時代、私は弱い自分、見せたくない自分のために、自分に見栄を張ってごまかしたり嘘もついてたし(一番したくないことだから、よけいに後ろめたかったのかな)

17歳の大学受験生で、周りは受験モードだったりしたことや、恋愛と勉強の両立とかが難しかったり、、理想の自分をずっと空を眺めながら見てたあの頃が懐かしい。

今でもあの頃のまだまだ子供だけど「自分で進路を選ぶ」という感覚や記憶は覚えてる。そして大学1年のときに留学にいったときもNZの空を見ながらこの曲をよく聞いていました。「見上げた空奇麗でした」っていうフレーズが好きだったから。今はあまり聞いてない曲ですが、この曲を聴くと懐かしくなります。

 

 

(miss)understood (DVD付)

(miss)understood (DVD付)

 

 高校3年生の進路決まってほっとしたときに出たアルバム。これはすごくいいアルバムです。そしてすごくかわいい!ジャケットが。

 

人間がもしないものばかりをねだる生き物だとしたら

あぁ僕たちが本当に欲しいものは一体何だろう(Pride)

 すっごい暗い曲だけど、Prideかなり好きです。まさにそうだな!!!と思う歌詞。

ほかにもいくつか好きな歌詞があるけど一番はこれで、、